銀行カードローンの審査時間が短いわけ

審査時間が短い銀行カードローン、例えば30分、60分、90分と書かれているものはなぜそれほどすぐに審査が済むのでしょうか?銀行といえばもともと借りられるまでに時間がかかる金融機関だけれど、その分金利は低いというイメージがあります。カードローンに関しては、カードローン借り換え金利の低いイメージはそのままに、借り入れできるまでの時間がとても短くなっているのです。
なぜ銀行カードローンの審査が短くなっているのかというと、その審査システムに秘密があるのです。銀行はこれまでは個人の貸し付けは、あまり得意としない分野でした。企業への貸し付けや住宅ローンといったものを、主体の金融商品として取り扱うことが多かったのです。
銀行はカードローンの審査に関しては、個人貸付を最も得意とする消費者金融やクレジット会社のノウハウを活用することにしました。銀行カードローンに申し込みをする際に、必ず保証会社の保証をうけなければいけません。消費者金融やクレジット会社が保証会社を務めることで、すばやい審査システムを利用して銀行もより早く審査を進めることができるようになっているのです。
もちろん、保証会社によっては審査に時間がかかる場合もありますが、基本的には数週間も審査日数がかかるということはなく、2〜3日、長くても1週間程度で契約までの流れは済ませられるようになっているカードローンがほとんどです。
銀行カードローンでは、銀行と保証会社が審査を行って借り入れの可否を決定し、なおかつ限度額や金利まで審査によって決めるようになっています。また、一時審査は消費者金融やクレジット会社などと同様のスコアシステムによるものが多いです。そのため、審査にかかる時間が短縮されているという銀行カードローンも見つかりやすいのです。お急ぎの際には保証会社に注目して申し込みをしてみましょう。